レディファースト

女性に優しく接する

女性は特別扱いされたもの

さりげなくアピール

男性が女性に好かれようと思ったらレディファーストを徹底するようにしましょう。今の時代は男性が女性に優しくするのは当たり前の時代です。

昔の侍とかの時代ではなくなって現代社会において男性がぐいぐい引っ張って女性は文句を言わずに付いてこい!というようなものはなかなか出来ないでしょう。

今は女性を中心とした時代となってきており女性専用車両やレディースデイ、女性専用割引などが当たり前のようになっています。

レディファーストというのは一つの大きな優しさをアピールをすればいいというわけではありません。いくつもの細かい優しく接することの積み重ねだと思っていいでしょう。

女性がヒールや履きなれない靴を履いていてぎこちなく歩いていたらゆっくり歩いていたり靴ズレを心配してあげたり道路側を歩いていたら歩道側を歩かせてあげたり、こまめにトイレに行く?って聞いてあげたり、重たいものを持ってあげたりしましょう。

他にも上座に座らせてあげたり寒そうにしていたらブランケットをお店から貸してもらったり階段を上る時は後ろを歩いてあげるようにしましょう。

男性はやることは沢山あると思ってください。

レディファーストで大事なことはさりげなく行うことが大切です。露骨にやってしまうとアピールが鬱陶しいと思われてしまいます。

10個やってそのうちの2つ3つに築いてくれたらいいと思うぐらいに考えましょう。

女性が気付いて優しいなって思ってくれたらその後の細かい事も徐々に気付いてくれるようになります。

↑ PAGE TOP