気付いたら有料サイト

料金ページを確認する

料金ページは必ず記載しなければならない

簡単に払ってはいけない

悪徳業者の手口として多いのが気付いたら有料サイトとして料金を請求されてしまうと言うものがあります。

無料だと思って利用していたら料金の請求が来てしまったという事例は結構トラブルになりやすいですよね。想定外の料金が発生することに人は嫌な想いをしてしまうものです。

特に悪徳業者の場合はある程度利用者を騙すために無料と偽って後になって料金を請求してくると言うケースがあります。

大体は無料と大々的にホームページ上に書いてあって実はメッセージ一回送るごとに料金がかかるとか、誰も気がつかないように小さな文字で書かれていたり、いきなりメッセージで料金請求をしてくるケースがあります。

インターネットサービスで料金が発生する場合はトップページに誰もが見て判断できる文字の大きさが記載をするか、もしくは専用の料金設定ページを設けなくてはいけないと言う決まりがあります。

また利用していたら後になっていきなり料金請求メッセージで長文で難しい弁護士が作成したような文章を送りつけてくるのも悪徳業者の典型的な手口です。

料金を請求されても本当に支払わなければいけないのか?というのを冷静に分析をしなくてはいけません。

無料と偽って料金を請求するのは悪徳業者の常套手段ですから安易に払ってはいけません。自分が納得できなければ消費者センターなどに相談をしましょう。

↑ PAGE TOP