申請手続きをしていない

二つの申請が必要

比較的簡単な手続きで認可されるものです

法律を守っていない

出会い系サイトを運営するに当たって必ずしなければいけない二つの申請手続きがあります。一つは総務省に届けなくてはいけない『電気通信事業届出』と警察庁に申請を行わなければいけない「インターネット異性紹介事業」の二つがあります。

この二つの申請をしなければ出会い系サイトを運営をしてはいけないと定められているのですが、悪徳業者の中には申請をしないで運営をしているところがあります。

その理由としては悪徳業者の平均運営年数と言うのはかなり短くて大体3カ月~半年、長くて1年と言った具合です。ある程度運営をしたら利用者から警察へ調査依頼が入る前に雲隠れをしてまた似たようなサイトを作るわけです。

先ほど申し上げた二つの申請自体は審査がなかなか下りないわけでもないですし、比較的申請料も安く提出すれば簡単に認可されます。

それにも関わらず悪徳業者はすぐに潰してしまうから申請をしなくてもいいでしょってぐらいの感覚なんです。

出会い系サイトの利用者も運営に申請しなければいけないと言うこと自体をあまり知っている人がいないため確認していない人も多いです。

必ず二つの申請手続きを行った証明をホームページ上に公開をしなければいけないと言う決まりがあります。

大体は特定商取引の下の方に記載されているので確認しましょう。

また勘違いしてほしくないのは二つの申請手続きを行ったから優良サイトと決めつけてはいけなません。

運営をするに当たって必要最低限なわけであり、悪徳業者でも申請をしている所も多いです。ただ必要最低限の法律も守っていない所が優良サイトなわけがありませんから利用してはいけないと言うことです。

↑ PAGE TOP